『店匠会』概要

『店舗プロデューサーズ協会 店匠会』は、株式会社テンポアップと業務提携契約を締結されたパートナー企業にのみ入会権利を有します。

但し、入会は強制ではありません。飽くまでも任意の随意参加と致します。

本会『店舗プロデューサーズ協会 店匠会』は、株式会社テンポアップの業務提携企業の一員である有志が発起したコミュニティーで、株式会社テンポアップの提案するビジネスを理解賛同した同じ立場を有するテンポアップパートナー企業より会員を募り、「テンポアップパートナー企業協賛会」として位置づけ、会員自らが運営し、会員と共に活動して参ります。

その活動は、テンポアップビジネスに付随する事業に対し、テンポアップエージェントと親睦を図り、協力関係を構築して行きながら、本会会員の有益を有意義に且つ効果的にサポートして行こうとする機構です。

本会会員は、本会会則を始めとする運営方針に賛同し、自らの意思によってご入会いただきテンポアップのパートナー企業の同士として、自らの有益性のみに留まらず、会員相互の成長発展の意志の共有者であることを念頭にご参加いただけましたら幸甚です。

ご存知のように、株式会社テンポアップと締結された業務提携契約(パートナー企業)とは、契約締結後、受動的且つ自然増により事業性が向上するものではありません。

テンポアップに所属するエージェントへの営業啓蒙活動により、エージェントへの認知と協力関係性を促進し、結果事業成長して行くものに他なりません。

1社で能動的に活動して行くことは、常にモチベーションと継続性が求められます。

『店匠会』を通じて、会員の取り扱う事業をエージェントに告知広告し、親睦を図る機会を催し、永続的に会員の有益性をサポートして参ります。

運営方針に賛同していただいた上で、決められた入会手続きと会費納入を経て、会員としてお迎えいたします。

入会後会員特典をご享受いただけます。

Regulations of a society
店舗プロデューサーズ協会「店匠会」会則

第一条 名称

本会は、店舗プロデューサーズ協会「店匠会」(以下「本会」という。)と称し、本部事務局を横浜市西区北幸2丁目9番10号 HSビル8階 株式会社テンポアップ (以下「会社」という。)内に置く。

第二条 目的

本会は、会社の業務提携企業(以下「協力会社」という。)の有志により運営されるもので、会社に所属する営業業務委託員(以下「エージェント」という。)と共に、会社を通じて産出される事業を、エージェントと共に推進し、顧客の満足を導き、以て会社並びにエージェントおよび本会会員の三者の利益を促進させるための機構とする。

第三条 会員

1.会員資格

(1)会社の協力会社であること。

(2)会社の運営理念とビジネスモデルの賛同者であること。

(3)会社並びにエージェントおよび協力会社の三者間に存在する取り決め約定を遵守すること。

2.会員の承認

本会理事会承認を以て会員とする。

3.会員登録人数

1企業2名以内とする。登録者変更は規定人数内であれば、随時、変更可能とする。

第四条 会員の義務

1.運営協力義務

2.期限内の会費並びに理事会決定による各種催事参加費および徴収金の納入義務

第五条 会則の適用範囲

本会則は、本会の組織活動並びに前3条にて承認された会員の会社内事業活動および本会会員としての対外活動に適用する。

第六条 定例会

本会は、前第2条の目的を達成するために、原則年4回の定例会を開催する。

第七条 総会

1.定期総会

定例会のうち、毎年2月度を定期総会とする。

2.臨時総会

理事会が緊急的な重要課題と決議した場合、定例会を臨時総会にあてるか別途臨時総会を開催することができる。

第八条 組織編成

1.理事会

本会は各種立案、審議機関として理事会を置く。

2.理事

理事は総会で選出された若干名で構成され、理事は、会社の意向並びに会員の意見を尊重しなければならない。

3.代表

本会を代表する者は、会長とする。理事会並びに定例会議長は、会長が兼ねる。

第九条 会計

1.本会の会計年度は毎年1月1日から翌年12月末日とし、定期総会にて収支報告を行う。

2.本会の運営すべてを勘案して会費に関する金額、納入方法等は、細則において定めることとする。

3.本会において年一回以上の会計監査を行うものとし、詳細は細則に定めることとする。

第十条 会則・細則の改定

1.会則の改定は、理事が発議し、総会で決議する。会員からの改定要請があった場合、理事会で決議した後、総会に諮る。

2.細則の改定は、会員若しくは理事会会員が発議し、理事会で決議する。

3.会則に定めのない詳細事項は、別途、細則とする。